不動産の専門情報

不動産を利用した相続税対策

平成27年1月から相続税が改正され、実質増税となりました。法人税や所得税、消費税など、上がることがわかっていれば、設備投資を前倒しするなどの対策ができますが、相続の前倒しはできません。相続税対策としては、生前贈与で財産を移転しておくことと、相続財産の評価額を減らすことが有効です。相続財産の評価額を減らす方法では、不動産を活用するのが近道です。不動産の相続税評価額は、一般的に時価よりも低くなります。自宅など、用途によっては小規模宅地の評価減という制度があるので、相続税対策には、用途も重要な項目です。

収益不動産は安易に見つからない

収益不動産を探している投資家は多いですが、よい物件情報はわかりやすいところには残っていることがないので、情報を提供してくれるネットワークを構築することが重要になります。不動産の情報は基本的には仲介業者から入ってくることが多いので、日ごろからお付き合いをしっかりとしておくことが重要でしょう。収益不動産は安易な調査では見つけることが出来ないので、情報に惑わされて、あまり価値がない物件を購入してしまうことがないようにすることが重要となります。契約前にはしっかりと収益のシュミレーションを立てることが必要です。