不動産の専門情報

不動産投資が可能な場合

不動産投資が可能な場合というのは、自分の住む住宅地を所有していて、預貯金が豊富な場合に可能です。投資は、金や株のそれに比べて面白みは少ないですが、安定していますので安心です。預貯金がなくても、住居にしている土地を担保にすれば、その土地の評価価格の融資は可能ですので、損得を十分考慮して踏み切る必要があります。自分が取得している不動産を有効活用するのであればいいのですが、住宅ローンをかかえている場合は、当然ですが避けるべきです。住宅ローンが完済している場合や、2000万円程度の退職金が手持である場合、この有効活用が考えられます。

将来に備えた効果的な投資

不動産というのは、自分で使用する目的で購入したり所有したりするという事だけではありません。投資を目的として購入や所有を行うこともでき、定期的な収入を得ることで、将来におけるお金の不安を少しでも減らすことができるというメリットもあります。不動産を利用して投資を行う場合、代表的な方法としては、分譲マンションの部屋を購入して賃貸を行うという方法です。家賃徴収などをはじめとした賃貸管理については専門の業者に委託することもできるので、比較的気軽に始めることができます。なお、マンションの部屋の賃貸を行う場合には、アクセス環境に優れた場所に立地する物件を選ぶことで、入居率を高くすることができます。